12.映像伝送機器
   


具体的な接続例

遠隔監視システム接続方法
遠隔監視システム接続方法

設定のポイント

1、DVRをどの場所に設置するのか
2、DVRのIPアドレスの設定。
3、上尾のカメラは何処に設置するのか
 1)一台の高性能カメラの設置場所は
 2)もう一台の固定式カメラは何処に設置するのか
 3)DVRから接続するマイクは何処に設置するのか? 受付に置くのか?
 4)AMP付きスピーカは何処に置くのか
4、浦和のカメラは何処に設置するのか
 1)一台の固定式カメラは何処に設置するのか
 2)DVRから接続するマイクは何処に設置するのか? 受付に置くのか?
 3)AMP付きスピーカは何処に置くのか

設定のポイント

ポートの開放とIPアドレス設定

●東京営業所と大阪営業所の既設Routerのポート開放を行います。
問題がなければ当方で実施しますが、大手の場合は情報システムや出入システム業者がRouterの設定を行う場合が多いので確認が必要です。制約が無いようでしたら小職が出張時に行います。DVR設定でIPアドレスを固定(例:192.168.1.100)するので、勝手に固定させて良いかも情報システムに確認が必要です。

●ポート開放に関して⇒下記の設定が基本です。(Routerによって異なります。)
@ Routerにログイン(IDとパスワードが必要です。)
A 詳細設定⇒ポート変換(名称はメーカで異なります。)
プロトコルTOP
WAN側ポート番号8000
LAN側端末IPアドレスDVRに設定したIPアドレス
LAN側ポート番号8000

・通常プルダウンメニューなのでTCPを選択
・8000-9000の範囲。DVRに設定した番号と合わせる。
・DVR設定でDHCPのチェックを外し入力。 Ex 192.168.1.100
・8000-9000の範囲。WAN側ポート番号と合わせる。

B 上記設定が完了したらRouter内で設定を保存(または反映)動作を行う。(必須事項)
 ※上記でポートは開放されますが、Routerによってはファイヤーウォール設定を行わないとポート開放が有効にならない場合があります。

PCで受付当のスピーカを利用してコミュニケーションする場合

遠隔監視システム接続方法

このページのトップへ




上記製品に関するお問合せ先

株式会社コネクト  営業部
TEL 03-3863-9291 FAX 03-3863-9650
info@connect-net.co.jp


戻る





Copyright (C)2000-2016 CONNECT CO.LTD All rights Reserved.