7.モデム、各種インターフェースコンバータ

   



8ポート光ファイバー回線多重化伝送装置 MWF208
8ポート光ファイバー回線多重化伝送装置 MWF208
本装置MWF208は、1本の光ファイバーを利用して最大8回線まで、RS232C等の制御信号を多重化して伝送することを可能にしております。本装置を導入することにより、急速な端末数等の増加に伴う光ファイバーデーター伝送線の不足を、容易に解決する大きな手段となります。また、不測の事態や災害などで、既設の光ファイバー線の断線や不具合の場合、使用可能な線を多重化し、より多くの端末やシステムを利用する事が可能となります。

8ポート光ファイバー回線多重化伝送装置 MWF208
※尚、本装置のメタル側インターフェースは、3モードRS-232C、RS-422及びRS-485から選択使用する事が可能です。
 主な用途
生産工場やプラント(石油、ガス、化学、水、そして電力や原子力発電など)等での運転管理、データ収集システム及び産業用物流搬送システムなどの運転管理に利用できます。

 仕様
通信レート
300〜115.2Kbps
RJ45ポート
RS232C/RS422/RS485
光ポート
SC, ST, FC いずれか選択
伝送距離
マルチモードタイプ2Km
シングルモードタイプ20Km,40km,60km
適応ファイバ
マルチモード:62.5/125 50/125
シングルモード:9/125micro-m
波長
SM:1310nm or1550nm
MM:850nm or1310nm
感度
>10dBm  <34dBm
ビットエラーレート
<10-9
動作電圧
DC5〜12V  動作電流;<300mA
動作温度
−40〜+85℃


上記製品に関するお問い合わせ

株式会社コネクト 営業部
TEL 03-3863-9291 FAX 03-3863-9650
info@connect-net.co.jp



戻る






Copyright (C)2000-2011 CONNECT CO.LTD All rights Reserved.